SANYUSHA Printing Technology
会社概要 印刷情報 事業内容 名刺商店 リンク
  HOME お問い合せ プライバシーポリシー
オンデマンド印刷
ピンクマスター
ダイレクト印刷
水なし印刷
3D & プリント
 
水なし印刷〜環境対応印刷への取り組み〜
三雄舎では材料面だけにとどまらず技術面からも環境対策に取り組んでいます。材料 面では「Non-VOC大豆油インキ」及び「FSC認証紙」を使用、そして技術面では 
「水なし印刷」を採用し、真に環境にやさしい印刷物を提供しています。
みず無し印刷とは
 一般に行われているオフセット印刷では「水ありオフセット印刷」という形態をとっています。印 刷の原版でハンコの役目をする刷版は凸版となっており、この凸部分が画線部(実際に印刷され る部分)となります。そして文字通り印刷工程において水(俗に湿し水とよびます)を使用し、その 水が油をはじく性質を利用してインキがつかない部分を作り出す印刷形態です。
 これに対し、「水なし印刷」は刷版が凹版となっており、凹部分が画線部となります。「水なし印刷」では刷版そのものが持つインキをはじく特性を利用し、インキのつかない部分を作り出 しています。そのため 「水あり印刷」で使用する水を全く使用せずに印刷することができるのです。
当社の指定提携工場では全ての印刷物を「水なし印刷」形態で印刷しています。
水あり印刷と水なし印刷の違い
水なし印刷の環境適応性
環境適応性の表 通常の印刷(水あり印刷)では、先述の通り印刷工程で版に湿し水を使用していました。
 この湿し水は単なる水道水ではなくH液※ やIPA(イソプロピルアルコール)などの有害物質 が含まれており、常に大量の湿し水を使用しているのが現状です。近年は有機溶剤の取り締ま り規制が厳しくなるにつれて揮発性の高いIPAの代替えとしてH液の中にIPAと同じように溶解 しやすいエチレングリコールを混入させるメーカーが増え、 次第にH液も手の込んだ製法に変 わってきています。そしてその結果として現れたのがBOD※ の高さです。下表の「水あり印刷」 工程における廃液から検出されたBODは20,460mg/リットル。 下水廃水基準値が600mg/リットルなの で、およそ34倍ものBODが検出されていることになります。さらに湿し水からは自然環境汚染 のもう1つの指標であるCOD※ も限定基準値のはるかに超えた数値が検出されています。
 これに対して「水なし印刷」では、版の表面のシリコンゴム層が「水あり版」の湿し水の 役割を果たし、インキを反撥させます。つまり、有害な有機溶剤を含む湿し水を一切使用しない画期的な印刷方法なのです。また、刷版工程でも前ページのイラストのように、「水あり印刷」とは逆にインキの着く部分を露光・現像するため、用紙の余白等を入れると圧倒的に現像部分が「水あり印刷」の刷版と比べ少なくなります。このため廃液量・薬液使用量に大きな差があり、 上表のように環境への負荷が格段に少ないことが明らかにされています。
水ありと水なしの違い
※BOD: 水中の有機物が微生物によって一定時間 内に酸化分解される時に必要な酸素量を 表す。有機物による水の汚染度を表す目安 として生物化学的酸素要求量と呼ばれて いる。
※COD: 水中の有機物を酸化剤で化学的に酸化分 解される時に必要な酸素量を表す。有機 物による水の汚染度を表す目安として化学 的酸素要求量と呼ばれている。
※H液 : 湿し水に添加している大幅に印刷力を引き 上げる薬品。H液(エッチ液)にはバクテリ アの好餌となる有機物質がふんだんに含ま れている
水なし印刷の品質特性
 これまで「水あり印刷」での刷版工程における湿し水の調合は作業員の手によって行われてきました。この調合は高度な技術が必要で作業する人間によって微妙な差がでてしまうこともあり、最終印刷物にも影響を与えてきました。「水なし印刷」の場合、湿し水を一切使わないのでこのようなトラブルはなくなります。現場での作業効率が上がるとともに、「水あり印刷」 では難しかった、より高度でより正確な印刷も可能になるのです。
 また、「水なし印刷」は、「水あり印刷」と違ってインキが水でにじむことがありません。よって、「水あり印刷」ではどうしても避けることができなかったドットゲインによる色調の変化も「水なし印刷」 では解消、点の1つ1つがくっきりと再現され、高精細で美しい仕上がりの印刷物を得ることができるのです。
 さらに、凹凸の大きい上質紙やマット紙、和紙などの場合でもデータどおりの円形の網点を用紙上に確実に再現することができます。また、肉眼では読みにくい細かい文字でも拡大してみると見事に再現できていることがわかります。より美しい印刷物、より正確な印刷物を求めると、答えは「水なし印刷」にたどり着くのです。
水あり印刷と水なし印刷の再現性
バタフライマークについて
バタフライマーク 地球規模での環境保全が推奨されるなか、廃液等によって環境を破壊することがない「水なし印刷」は各方面から大きく注目され、「 再生紙」や「大豆油インキ」と同様に「水なし印刷」 にも認証マークの制定を望む声が高まり、1993 年 WPA(Waterless Printing Association)によ り下のバタフライのマークが作られました。
 WPA は日本語で「水なし印刷協会」と呼ばれている非営利の地球環境保全団体です。「水 なし印刷」を奨励するために、全世界の印刷会社、官公庁をはじめ印刷機器、資材メーカー が会員として参加、WPA が認証するバタフライマークの使用を通じて環境保全運動を展開しています。そして、バタフライマークは、水なし版を使い、環境保全 に積極的に取り組む印刷会社にのみ使用が許可されるマークです。
 当社指定の提携工場である久栄社は、WPA に加盟しており、 同工場で印刷した印刷物にこのマークを表示することが出来ます。
WPAの歴史と日本WPA
 1978 年アメリカで産業廃棄物を下水道に排水する取り締まり強化のための条例「事前処理基 準」が制定されました。それから14 年後、バージニア州環境改善局はプロモーションビデオを 作成し、「水なし印刷」を奨励。行政が印刷業者に対し、規制厳守につながる「水なし版」 の使用を啓蒙するという画期的な事が起こりました。このキャンペーンはたちまち全米の印刷業 者を刺激し、1993 年 9月、印刷業者 40 社、機材メーカー 27 社がシカゴに結集して「水なし 印刷」の採用を啓蒙する団体・WPA が結成されました。WPA はバタフライマークをつくり、 水なし版を使い環境保全に積極的に取り組み、しかも品質の高い印刷物を製造する印刷会社に しか使用許可を認めないという厳しい使用基準を制定しました。
 日本でも2002年の5月に日本 WPA が発足し、日本独自 でも水なし印刷の推進を行っています。
バタフライマーク バタフライマークの蝶は、オオカバマダラ(Monarch Butterfl y)といい、 世代を超えて渡りをすることで有名で、米国の国蝶にもなっています。この蝶 は北米の東側半分に分布し、夏の間は、カナダ中部付近で生息していますが、 秋になると北米から 3800kmも離れたメキシコまで南下して集団で冬を越し、 春になると分散し、世代を繰り返しながら北上するという生活をしています。最近では公害や開 発の影響で、 エサとなる樹木が無くなり、その生息域も年々少なくなっています。
水なし印刷の更なる環境への飛躍
 「水なし印刷」の環境保全における利点は湿し水を使わないことだけではありません。現像時 の薬品処理や水洗いなどで発生する廃液を大幅に削減でき、水質汚濁防止法などの遵守はもち ろんのことPRTR法、廃棄物処理法、ISO14000シリーズの対策としても有効です。
 現在、印刷物にはその製造工程にさまざまな法規制があります。グリーン購入法で紙やインキ などの印刷機材が対象になったのをはじめ、廃棄物処理法、水質汚濁防止法、下水道法などがそ れにあたります。ここで目立つのが廃液に関する法規制です。ところが、「水あり印刷」の湿し水 の多くは、それらの法規制に対応できてないのが現状です。環境問題が大きくクローズアップされ ている今、廃液をださない「水なし印刷」こそ、時代にふさわしい印刷方法なのです。
印刷物製造に関する法規則
<主な法令の概要>
■環境基本法■(平成5年)
 日本における環境に関する基本法。従来の公害対策基本法は、「公害の防止」が主眼でしたが、環境の国際 会議を受け、環境基本法では、「環境の保全」が法の骨格となりました。
■グリーン購入法■(国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律 平成12年)
 国や地方公共団体等による物品の調達の際に、より環境への負荷の少ない環境物品等の調達を促進するために 必要な事項を定めた法律です。民間でもグリーン購入ネットワーク等の促進団体があります。
■ PRTR 法■(特定化学物質の環境への排出量の把握及び管理の改善の促進に関する法律 平成11年)
 人の健康や環境への悪影響のおそれのある化学物質(354種)について、企業から環境(大気中や土壌も含む) への排出や廃棄の際に、その量を企業自らが把握し、国に届けることで管理する制度です。
■廃棄物処理法■(廃棄物の処理及び清掃に関する法律 平成12年改正)
 昭和45年に制定された廃棄物の排出を抑制する法律ですが、改正により公的関与により施設整備の推進と適 正処理のための規制強化がなされ、より厳格なものとなっています。新廃掃法とも呼ばれています。
■環境配慮活動促進法■(環境情報の提供の促進等による特定事業者等の環境に配慮した事業活動の促進に関する法律 平成16年)  国や自治体などが事業活動の環境配慮状況を公表することを定めた法律ですが、一般の大手企業も自主的に環 境報告書を公表するよう促しています。平成16年6月に交付され、翌年4月に施行されます。
その他の環境対応印刷
大豆油インキ 印刷に使用されているインキには石油系溶剤が含まれておりますが、この1部を大豆油に替えたのが大豆油インキです。植物性の油であるため、有機化合物の大気中への揮発が少なく、また廃棄後の分解が容易で用紙を再生する際の脱色に適しております。更に大豆は人的な生産物ですので有限な石油資源と異なり安定した供給が可能です。当工場では、基本色の全てに採用しており、全ての印刷物に左記のロゴマークを入れられます。
ノンVOCインキ 大豆油インキとはいえ、大豆油の含有率としては20%〜40%です。これをほぼ100%に高めたものがノンVOCインキ(VOCゼロインキ)です。VOCとは鉱物油インキ等に含まれる揮発性有機化合物のことで、これが1%以下のものをノンVOCインキと言っております。ノンVOCインキを使用した印刷物には左記のロゴマークを入れることが出来ます。
FSC森林認証 世界の森林は、成長量以上の樹木を伐採し、相当な勢いで減少し続けています。そこで、国際的な管理下で生産と伐採を行う需給バランスの保った森林を推進するのがFSC森林認証制度です。この管理ものと、製造された用紙をFSC認証紙といいます。この用紙を扱う印刷会社においては、「加工・流通過程の管理の認証」(COC認証)の取得が必要です。当社指定の提携工場ではCOC認証を取得し、提携工場で印刷し、FSC認証紙を使用した印刷物にはFSC認証マークを表示することが出来ます。
非木材紙 非木材紙とは、木材パルプを使わずにケナフや麻、バナナ材などを原料として生産された印刷用紙です。 ケナフや麻などは野菜と同じように生産材ですので、木材と違い成長に何十年もかからず、いくらでも生産が可能です。従って、自然環境の破壊や資源に与えるダメージはほとんどなく、再生紙に代わって注目されつつあります。非木材紙普及協会に加盟した工場で印刷し、指定の非木材紙を使用した印刷物には 左記のロゴマークを入れることが出来ます。
チームマイナス6% 深刻な問題となっている地球温暖化。この解決のために世界が協力して作った京都議定書が平成17年2月16日に発効しました。世界に約束した日本の目標は、温室効果ガス排出量6%の削減です。これを実現するために当社でも国民的プロジェクトである「チーム・マイナス6%」に参加し、全社員が意識して出来ることから少しずつCO2の削減を実行しています。
グリーン購入 当社全体でも環境保全を目指す1企業として、印刷業務に限らず、環境に悪影響を与える可能性のあるものは、なるべく購入したり使用したりしないように努力しており、そのガイドラインとして「グリーン購入ネットワーク」の発注ガイドラインに従っています。「グリーン購入ネットワーク」とは、民間の団体が中心となって運営している環境への負荷が少ない製品やサービスの優先購入を勧める全国ネットワークです。当社もネットワークに加盟し、GPN会員となっています。
ページトップへ戻る    
三雄舎印刷株式会社
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-29-11 TEL:03-3555-1576 FAX:03-3555-8574
SANYUSHA COPYRIGHT 2007 SANYUSHA PRINT,INC.ALL RIGHTS RESERVED.